男性のゴルフ場に適した服装とは?ポイントを解説

公開日:2023/10/01

適した服装

ゴルフ場に行く際には、服装マナーがあることをご存知でしょうか。初めてゴルフ場に行く方は、ゴルフ場に行くときの服装のマナーを理解しておくことが大切です。この記事では、男性のゴルフ場に適した服装とはなにか、ポイントを解説します。また、コースを回るときの服装についても紹介しますので、参考にしてください。

服装マナーがあるのはなぜ?

ゴルフは紳士のスポーツであると言われています。

そのため、服装マナーとしてドレスコートが決められているのです。

ドレスコードが決められている理由は、周囲のゴルファーへの心配りが根底にあります。

ゴルフ場は多くの人々が集う社交の場です。身だしなみを整え、マナーを守ることが周囲のゴルファーへの配慮といえるでしょう。

周囲のゴルファーへ不快感を与えないために、ドレスコードが設けられたのです。

服装マナーは、ゴルフ場によって異なり、独自の基準を定めています。

プロやアマチュア問わず守らなくてはいけません。事前にゴルフ場のホームページなどで確認することをおすすめします。

ゴルフ場に行くときの服装

ゴルフ場への行き帰りの際にも、服装に注意しなくてはいけません。

ゴルフ場に行く際の服装

基本的にゴルフ場に行く際は、ジャケットを着用しましょう。

行き帰りもゴルフウェアでよいとされているゴルフ場もありますが、ジャケットを着用した方が無難です。

ほかには、襟付きのシャツやポロシャツ、スラックスやチノパンなどがドレスコートとなります。

また、靴は革靴などのきれいなアイテムを選びましょう。

反対に、カジュアルダウンした服装や、ハーフパンツ、ジャージなどはマナー違反です。ジーンズも避けた方がよいでしょう。

ゴルフ場から帰る際の服装

ゴルフ場から帰る際は、基本的に来た際の服装と同じで問題ありません。

行きと帰りで服装を変えるのはおしゃれとされていますが、荷物が増えてしまい大変なので気にする必要はないでしょう。

ただ、ゴルフをプレーすると汗をかいたり、雨の日は洋服が濡れてしまったりすることもあります。

その場合に備えて、少なくとも下着や靴下の替えは用意しておいた方がよいでしょう。

服装は同じでも問題ありませんが、下着や靴下を着替え汗やニオイ対策をしておくこともマナーです。

靴のマナー

ゴルフ場へ行く際も帰る際も、基本はビジネスシューズである革靴を選びましょう。

極端にカジュアルな靴でなければ注意されることはないのですが、スニーカーも避けた方がよいとされています。

ゴルフ場の格式に沿って選ぶことが重要ですが、服装とのコーディネートを考えても革靴を選ぶことをおすすめします。

コースを回るときの服装

次に、コースを回るときにも服装マナーについて紹介します。

服装マナー

まず基本として、肌を必要以上に露出しない服装を選びましょう。

専用のゴルフウェアを用意するべきだと考える人も多いですが、ゴルフウェアでなくても問題ありません

服装は、動きやすい素材であること、スイングしやすい服装であることを重視して選びましょう。

そのような服装を選ぶべきか分からない方は、専用のゴルフウェアが無難です。

ゴルフウェアは、派手な色遣いや柄物を選んでもよいでしょう。着用のマナーとしては、裾をパンツに入れることを忘れてはいけません。

また、半ズボンを着用する際はハイソックスを履きましょう。

冬場はトレーナーの着用は避け、ゴルフ専用の防寒ウェアやセーターを着用します。

コースを回るときの服装もゴルフ場によっては規定がありますので、ホームページなどで確認しておくと安心です。

帽子のマナー

コースを回る際には、日差しや雨から守るために帽子やサンバイザーを着用する人が多いでしょう。もしものときでも衝撃を緩和してくれる役割もあります。

帽子やサンバイザーは、服装に合わせたものを選ぶようにしましょう。

とくに明確な規定はありませんが、通気性がよいものや、布製のサンバイザーが一般的です。帽子やサンバイザーも含めてコーディネートするとよいかもしれません。

状況に応じて判断することが重要

服装は、状況に応じて変えることも重要です。

河川敷のコースならばジャケットを着用する必要はなく、リゾートコースならばポロシャツや短パンでも問題ありません。

最近では、ドレスコードを撤廃し、敷居を下げているゴルフ場も多いのです。

反対に、名門コースや高級なコースでは厳しいルールが設けられている場合が多いので、注意しなくてはいけません。

服装マナーはコース次第であり、事前に確認してマナー違反にならないようにすることが重要です。

まとめ

ゴルフ場に適した服装マナーについて紹介しました。ゴルフ場へ行く際は、基本的にジャケットを着用し、革靴などのビジネスシューズを選ぶことがマナーとされています。コースを回る際は必ずゴルフウェアを着用する必要はありませんが、動きやすい素材やスイングしやすい服装を選ぶことが大切です。また、コースによって最適な服装は異なりますので、事前にホームページなどで確認するようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

PICKUP TABLE

【佐賀県】おすすめのゴルフ場比較表

イメージ


サービス名佐賀クラシックゴルフ倶楽部佐賀カントリー倶楽部ブリヂストンカンツリー倶楽部
特徴JLPGA認定の本格コースが魅力!クラブ会員にはうれしい特典を用意プロも納得の名門コースを完備!施設の充実度も高いゴルフ場ラウンド体験やコンペも開催中!交流会ではゴルフ仲間との出会いもあり
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら